昔からの女友達を、恋人にする方法

学生時代から、ひそかに「いいな」と思っていた女友達はいませんか?
当時は自分にも、相手にも、彼氏彼女がいて、チャンスがなかったのかもしれませんね。
ここでは、女友達を、自分だけの恋人をする方法をお伝えします。

■共通の友達の結婚式に出席する

女性の恋愛願望、結婚願望が高まるのは、結婚式です。
恋人になりたい女性と共通の知人の結婚式なら、面倒がらずに出席しましょう。
結婚式では男友達ばかりと話さず、その女の子とも積極的に話すようにして下さい。
出来れば、結婚式の後に、一緒に買えるようにするのがベストです。

■一緒にレジャーに誘ってみる

「飲み会」だけでは、今までの友人関係と変わらない付き合いになりがち。
ですので、普段に付き合いでは行かない場所に、誘ってみましょう。
共通の知人にセッティングを頼んでも、良いと思います。
キャンプや海など、普段の生活とは違う空間では、恋も芽生えがちです。
これを機会に、女性にそれとなく、アタックしていきましょう。

■ビジネス(仕事)で成功する

学生時代の男友達を見直すチャンスは、男のビジネスの成功です。
女性ってなんやかんやで現金ですから、収入の多い男性や仕事でバイタリティの持った男性に惹かれるんです。
仕事にちょっとでも自信のある人は、久しぶりに会って変わった姿を見せて下さい。
独立した人や、公務員などの固い職業に就いている人も、「この人なら」と見なおしてもらえると思います。

■はっきりと告白する

地味ですが、1番勝率の高い手段でもあります。
最初は「考えさせて」というかもしれませんが、女性がフリーの場合、徐々に心が揺れ動くでしょう。
特に、女性が28歳以上で、結婚適齢期が迫っているなら、なおさらです。

■30手前のフリーの時期を狙う

前述のとおり、女性は「30」という年齢が節目になっています。
「30歳までには、結婚したい」と焦っている人も多いので、告白してみると良いでしょう。
今まで交際を断られた経験がある人も、諦めてはいけません。
「友達を続けている=人間的には好き」ということです。
30歳を目前に「やっぱり男性は、気楽な人は一番」と、価値観が変わっていることが多いのです。
学生時代は高嶺の花だった女性を狙うにも、良い時期だと思います。

■ともかく、2人で会う

「女性が30歳前に、告白する」という大技を使ったとしても、いつまでもグループで会っているのでは、チャンスは訪れません。
電話するなり、メールするなりして、2人きりで会うチャンスを作って下さい。

以上ですが、いかがでしたか?
最も重要なのは、「友達=人間的には好き」だということです。

「気が合う=結婚対象」として見てもらえることが、多いということです。
ですので、結婚を前提にしたお付き合いなどでは、「昔からの知人、友人」は圧倒的に人気があります。
ここまで読んで、「ずっと男子校で、女の子の友人がいない」という人は、「俺には出会いがないのか~!」と思っているかもしれません。
けれども、そんな人には、Mコミュがオススメです。
世の中には、同じように「中高共に女子校育ちで、出会いがない」という女性も多いものです。
昔なじみの女の子がいない人も、インターネットが?がる環境であれば、自由に出会いを楽しむことが出来ます。

Mコミュに、ネガティブなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、アメリカではすでに主要な出会いツール。
SNSに限りなく近く、女性とナチュラルに出会うことが出来るので、オススメです。
とはいえ、お目当ての女友達がいる人は、その恋は成就するよう、お祈りしています!
紹介したコツを組み合わせて、女性から「付き合ってもいいよ」という言葉をもらって下さいね。